ビルドマッスルHMBとプロテインどっちが良いの?

ビルドマッスルHMBとプロテインどっちが良いの?

 
最近、スポーツ選手や格闘家にも愛用者が多いhmbサプリ。
 
ジム通いして身体を鍛えている方でもhmbを取り始めた方は増えてきています。
 
しかし、ビルドマッスルhmbとプロテインって何が違うの?
って疑問に思う方もいると思います。

そこで、hmbサプリとプロテインの違いを説明したいと思います。

 

hmbとプロテインは別物?!

 
hmbとプロテインは同じイメージで摂取している方もいますが、hmbとプロテインは別物です。
 
まずは含まれている成分が異なります!
 
プロテインはずばり、タンパク質です。
プロテインって言葉は、タンパク質を英語にしただけです。
 
ビルドマッスルHMBの成分は、主にロイシンになります。
ロイシンとは、タンパク質の中で筋肉を生成するのに役立つアミノ酸の一種です。
 
ビルドマッスルhmbはこのタンパク質からの分解の行程を一気に省いて、筋肉アップに効果が期待されているhmbだけを直接摂取しているのです。
 
プロテインの中でも特に筋肉アップに効果があるのを凝縮してますので、プロテインより、hmbの方が効率的に筋肉アップが出来るわけです。
 
 
また、プロテインは普段の食事で摂る事ができます。
プロテインとはタンパク質の事ですから、普段の食事でタンパク質が多い成分を取れば良いだけですからね。
現にプロのボディビルダーでも食事からでのみタンパク質を取ってプロテインを飲まない方もいるそうです。
鳥のささみなど高タンパク低脂肪な食材でプロテインの代用が可能です。
そもそも、食事で摂るのがたいへんだから、食事のサポートとしてプロテインがあるのです。
 
hmbは、どんなに頑張ってもなかなか摂取する事ができません。
 
hmbは、1日に3g摂取すると筋肉の維持や増量に大いに役立つとデータが出ています。
 
しかし、hmbを、3gを普段の食事で摂るとなると、牛乳で例えると何と17㍑

1日に牛乳パック17本はまず無理でしょう。

 
卵で例えると何と66個分です。

これだけ卵を取ったら逆に身体が悪くなってしまいます。

 
このようにhmbは普段の食事では中々摂る事が出来ないのです。
 
サプリって形にしてその成分だけを濃縮しなければ、とれません。
ビルドマッスルHMBだとわずか4粒だけで摂れるわけです。
 
ちなみにプロテインにもロイシンが入ってますのでhmbが入っています。
しかし、ビルドマッスルhmbですと、プロテインの20倍のhmbが摂れます。
 

つまり、hmbは、最小限の努力で最大の効果が期待出来るのです。

ビルドマッスルの詳細はこちらをクリック

ビルドマッスルはプロテインの代わりになるの?

 
先程も言いましたがビルドマッスルhmbとプロテインには成分が別物です。
 
ですので100%代用というわけにはいきません。
成分が違えば効果も変わるし、使い方も変わってきます。
 
ただ、筋肉アップと言う目的でみれば、ある程度は代用可能だと私は思います。
 
 
プロテイン→hmbに切り替え
 
例えば、もともとプロテインを飲んでみたけどhmbサプリを使用してプロテインの辞めたと言う場合のメリットは、カロリーにあります。
 
プロテインは一杯には、水で薄めたプロテインの場合だいたい100cal程度です。
牛乳で薄めたプロテインになると260calに高まります!
だいたいご飯1杯分のカロリーに匹敵します。
 
しかし、ビルドマッスルhmbはサプリですのでカロリーも4粒でたったの約4calなのです。
その差60倍以上にもなります!
 
つまり、細マッチョを目指すのなら、プロテインからビルドマッスルhmbに変えた方がいいのです!
身体を引き締めたい女性にもhmbサプリは絶対にお勧めです。
 
 
プロテイン+hmbサプリ併用
 
身体をたくましく大きくしたい人は、プロテインとhmbサプリを併用するのが良いと思います。
元々プロテインはBCAAなど、全体的に筋肉アップに良い成分が広く入っています。
プロテインは通常通り使い、筋トレをする30分前にhmbサプリを活用するとより効果的な筋トレが出来ると思います。

コメントを残す